ワールドカップ大詰め!

2014-07-13

1か月に及んだワールドカップもいよいよ決勝!

ドイツVSアルゼンチン
アルゼンチンはあの作戦「メッシ」の方針で正直よくここまで来たな、と感心する。
どのチームもそれがわかってるからメッシを囲みに行って、割と抑えるのに成功しているのに
最終的には1回か2回、決定的チャンスを作ってそれを決める。1点が重いサッカーならではだよね。

ドイツはミュラー、ゲッツェ、エジル、クロースの前線。
対するアルゼンチンはメッシ、アグエロ、イグアイン、ディマリアの前線。
凄すぎて溜息しかでない。日本だと大久保、香川、本田、岡崎。ふふふ。一体何の笑いだw。

ドイツはボールを失わない連動性があるからポジショニングを徐々に
前へ前へと押し込んでいける。結果人数で勝り、ダイレクトワンツーで崩してゴール。
アルゼンチンはメッシがドリブルで均衡を崩してから何かが起こる。
ブラジル戦で見せたドイツの人数を保った連動攻撃は逆に言えばカウンターに弱い。
アルゼンチンのDF次第だけど、マスチェラーノ、サバレタあたりがボールをカットして
一気に前線のメッシに繋げれば、ディマリアが完全復帰できていれば面白い勝負になりそう。
世間ではドイツ有利になってるけど、本当にそうかな?
ブラジル戦までポルトガル戦以外1点差か同点なのにねー。

ブラジル的には大敗したドイツに、宿敵のアルゼンチンには勝って欲しくないみたいだけど
アルゼンチンまで大敗したら南米のサッカーが欧州に屈した事になっちゃうんだけどそれでいいのかなw。

なんだかんだで楽しませてもらった1か月。それも明日で終わり。ちょっと寂しい。
この大会でコロンビアのハメス・ロドリゲスとスイスのシェリダン・シャキリのファンになった。
スイスのシャキリはシャキシャキ動いているのを見てるだけで楽しかった。

で、何が言いたいかというと、別にスポーツはやらなくても楽しめるなーと。

今度野球に参加した時は大伸会のシャキリと呼ばれるようにシャキシャキ動く予定。
外見的には大伸会のロッベンという方がしっくりくるか・・・。ロッベンもシャキシャキしてるし、そっちも捨てがたいな・・・。
ライトでシャキシャキ動いてても何の役にも立たないけどねー。
いや、でもここはやはり王道、大伸会のメッシと呼ばれるように努力すべきなのか・・・。
メッシ、普段テクテク歩いて守備しないし楽かも。
守備は放棄。んで3打席か4打席に一度、ホームラン打てばいいんでしょ?
無理っす。

あー、ワールドカップ決勝、楽しみだなー。

なんで野球部のHPにこんなことを書き込むのか。野球部の話題が無いからです!
なんだかだんだん大伸会野球部のみんなの顔、忘れてきちゃったよ、パトラッシュ・・・
さて、もう寝よ。

Copyright(c) 2011 大伸会野球部 All Rights Reserved.